気になるのはこの抜け毛!!

抜け毛の予防や紫外線の影響など、抜け毛情報をお伝えします!

抜け毛の予防、改善効果が期待できる食材

抜け毛の予防、改善には外側からのケアだけでなく、内側からのケアも必要です。参照元…うす毛治療

内側からのケアとして効果的な方法として挙げられるのが食生活の改善です。髪の毛の育成や頭皮環境を整える効果のある食品を意識して摂取したり、逆に抜け毛を促進するような食品を避ける必要があります。ここでは、抜け毛対策のために効果的な食材についてご紹介します。

抜け毛改善や予防に効果的な食材

抜け毛に効果的な食材として挙げられるのが、柑橘系のフルーツ、ナッツ類、納豆、レバー、小豆です。柑橘系のフルーツはビタミンが豊富で、血管を広げる働きがあります。血管が広がることで血行促進が期待でき、頭皮に栄養素が行き渡りやすくなります。

頭皮への栄養素は髪の毛の育成に欠かせないもので、血液の流れが良くなり栄養素が行き渡ることで健康な頭皮と抜けにくい髪の毛が作れます。ナッツ類は髪の毛の育成を司る毛母細胞に直接働かける効果が期待できます。ナッツ類の中でも特にアーモンドは亜鉛が豊富で、抜け毛対策に高い効果が期待できます。

また、ナッツ類は白髪対策にも効果が期待できるので、健康な髪の毛を内側から作り上げる有効的な食べ物と言えます。ただし、市販のナッツ類は塩がかけられていたり、甘さを足すために加工されているものが多いです。塩分や糖分は取りすぎると血行不良の原因になるので、ナッツ類で抜け毛対策をする場合は加工されていないものを選びましょう。

納豆は健康にいい食材の代表的なものです。髪の毛に対しても効果的で、納豆に含まれているたんぱく質が新しい髪の毛を作り出すために働きかけます。また、納豆に含まれているエストロゲンは、抜け毛の原因である男性ホルモンを抑制する効果が期待できます。

エストロゲンは抜け毛だけでなく美肌効果も期待できるので、女性にとっては嬉しいは食材です。レバーは様々な栄養素が含まれている食材です。その中でも、鉄分、亜鉛、ビタミンB群は抜け毛予防に高い効果が期待できます。

一つの食材で種類豊富な栄養素を多く摂取できるので、食材で抜け毛対策をするのであれば効率的な食べ物と言えます。頭皮へ栄養素を送る血液をサラサラにして、抜け毛予防のための栄養素を行き渡らせるのであれば、小豆に含まれているポリフェノールが効果的です。

ポリフェノールが配合されている食材といえば赤ワインですが、アルコール摂取は抜け毛対策に向いていません。小豆はポリフェノールの含有量が多く、抜け毛対策に効果的な食材なのです。

海藻類やわかめは抜け毛対策に効果的か

髪の毛に良い食材というと海藻類やわかめといった食材をイメージする方が多いと思います。しかし、海藻類に含まれているミネラルは、髪の毛のツヤを内側から作り出す働きは期待できますが、抜け毛に対して効果は期待できません。

髪の毛を美しく保ちたい方には効果的な食材ですが、抜け毛が気になる方は海藻類やわかめではなく、上記の食材を摂取して内側からケアを行いましょう。ただし、ミネラルは髪の毛のツヤだけでなく健康維持に欠かせない栄養素なので、摂取する分には問題ありません。

抜け毛対策効果のある食材と一緒に摂取して、抜け毛を改善しながら健康維持をしましょう。

食材が抜け毛対策に効果的な理由

抜け毛に食材が効果的な理由が、髪の毛の主成分です。髪の毛は90%がたんぱく質で構成されています。たんぱく質は食材から摂取できる成分なので、内側からのケアの食材で補うのは理にかなっているのです。ただし、抜け毛対策にはたんぱく質の摂取だけでなく、髪の毛を育成するための栄養素、頭皮環境を整える成分も必要です。

それが、ビタミン類、鉄分、亜鉛といったものです。また、抜け毛は男性ホルモンが多く分泌されることが原因の一つです。この男性ホルモンの働きを抑制するためには、女性ホルモンの働きを活性化させる成分や、女性ホルモンに似た成分を摂取する必要があります。

食材の中では大豆が代表的で、そのまま摂取することも出来ますが、栄養素が豊富な納豆を始めとした、豆乳、豆腐といった加工食材で摂取することができます。

抜け毛を促進してしまうNG食材

抜け毛に対して食材が作用するのは上記の通りで、効果的な食材があると同時に食べると更に抜け毛が促進してしまうものがあります。抜け毛を促進する食材として挙げられるのが、ジャンクフード、揚げ物、アルコールです。

ジャンクフードには高カロリーで塩分が多量に含まれており、砂糖も多く使用されているなど髪の毛の育成を阻害します。また、ビタミンやミネラル、食物繊維といった髪の毛の育成に欠かせない成分がほとんど含まれていません。

日常的にジャンクフードを摂取する方は注意が必要です。揚げ物には油分が多く含まれています。油分を多く摂取すると皮脂が多量に分泌され、血中のコレステロール濃度が高くなります。皮脂の分泌量が多くなると髪の毛が生えてくる毛穴が詰まってしまい、髪の毛が抜けやすくなってしまいます。

また、血中のコレステロール値の上昇は血液の流れを阻害し、髪の毛の育成に必要な栄養素が行き渡りにくくなります。血中コレステロール値の上昇は動脈硬化を始めとする心筋梗塞や脳梗塞のリスクも高まるので、抜け毛対策だけでなく健康のためにも摂取を控えた方が良いでしょう。

アルコールは体内で分解するときに大量の水分を必要とします。アルコールの分解に水分が多く使われてしまうと、血液がドロドロになってしまい、栄養素が運ばれにくくなってしまいます。日常的にアルコールを摂取する方は注意が必要です。

抜け毛の増加と紫外線の影響は関係があるのか

食材で抜け毛対策をするためには

抜け毛対策は食材で内側からのケアが効果的ですが、一時的に食材を摂取するだけでは効果は期待できません。食材は薬とは異なり、短期間で劇的な効果が出るものではありません。日常的に摂取して徐々に体を変えていく必要があります。

食材から抜け毛対策をするのであれば、まずは効果的な食材を日常的に摂取する習慣を身に付けることから始めましょう。納豆などの大豆食材や柑橘系のフルーツは食事に取り入れることができますし、ナッツ類は間食におすすめです。

栄養素が豊富なレバーは毎日摂取するのが難しいので、レシピを工夫するなどのひと手間が必要です。また、髪の毛や頭皮環境に悪い作用を起こす食材を意識して避けることも必要です。まずは普段の食生活を見直すことから始めてみましょう。

© 2018 気になるのはこの抜け毛!! Bluesand Theme